? ガバナンス | タカラアセットマネジメント株式会社

ガバナンス Governance

Top >ガバナンス

組織図

組織図

コンプライアンス

タカラアセットマネジメント株式会社(以下「当社」という)は当社が資産運用の委託を受けるタカラレーベン・インフラ投資法人(以下「本投資法人」という)の資産運用業務を営む資産運用会社として、法律、ルール、業務関連法等を守るのみではなく、広く社会的な規範を遵守します。当社においては、取締役会、コンプライアンス・オフィサー、コンプライアンス委員会、コンプライアンス部、相談窓口の機能により、コンプライアンスを遵守する体制を構築しています。

利益相反取引への取組み

当社は本投資法人その他顧客の利益を害する取引又は不必要な取引を行わない規程を制定しています。利害関係人との間で取引を行う場合は、金商法、投信法施行令、社内規定の定めを遵守することとし、コンプライアンス委員会、各ファンド本部の運用委員会、本投資法人の役員会にて取引内容を十分に検証することが定められています。

本投資法人及び私募ファンド間における利益相反の防止

当社では、本投資法人及び私募ファンド間における不公平な扱いが生じないよう、本投資法人と私募ファンドの双方の投資クライテリアに該当する可能性があると見込まれる資産に係る取得情報等を入手した場合に係る検討順位について、合理的なルールを定めており、原則として私募ファンドの資産取得の検討順位は、本投資法人に劣後するものとしています。なおコンプライアンスオフィサーは、当該規則の遵守状況についてモニタリングを行い、当該モニタリングの結果についてコンプライアンス委員会及び取締役会において 6ヶ月に 1 度報告をすることとなっております。

適時開示への取組み

当社は、本投資法人の資産運用にあたり、常に投資家の視点に立ち、迅速、正確かつ公平に情報を開示するものとします。 投資家に開示すべき情報の集約体制を制定、維持するものとし、適時開示すべき事由に該当する情報が決定され若しくは発生した場合又は重要情報開示を行うべき場合には、速やかに当該情報を開示します。

内部監査

当社は、内部監査とは、当社の経営目標の実現に寄与することを目的とし、各組織の業務及び運営が各種法令諸規定に従って,適切かつ効率的に行われているかの評価、不正又は重大な過失の発見及び未然防止、個人情報の適切な管理、その他必要な事項のを検証・評価し、これに基づいて必要な助言・勧告等を行うものであり、当社の自律的な企業運営を確保していく上で、最も重要な活動の一つであると考え、内部監査が適切に行われることの重要性を十分に認識し、内部監査の実施に必要十分な経営資源を配分するものとします。

内部通報及び公益通報者保護の取組み

当社は、従業員等からの組織的または個人的な法令違反行為に関する相談または通報の適正な処理の仕組み、通報者に対するあらゆる不利益取扱いを禁止することと個人情報の保護を明示する規程を定めており、不正行為等の早期発見と是正を図ることで、コンプライアンス経営を強化しております。